HIVの感染予防と定期検査

 

HIVの感染について

HIVは現段階の医療では完治できない感染症です。しかし、医学の進歩に伴い、HIVに感染してもエイズの発症を抑えることは可能です。HIVの感染経路としては性行為や母子感染、血液感染です。性病の場合は性行為での感染というイメージもありますが、HIVの場合はドラッグなどの注射針の使い回しや、輸血での感染もあります。HIVに感染しても潜伏期間があるので、すぐに発症することはほとんどありません。こればかりは個人差も大きいのですが、HIVウイルスの潜伏期間は1年〜10年といろいろです。HIVは免疫力を低下させる病気なので、感染すると発症しなくても徐々に免疫力は低下していきます。感染後すぐにインフルエンザのような症状が出ることもあります。また、感染してすぐ検査を受けても100%発見できないので、HIV検査で確実に結果を出す場合には、感染したと思われる日から3ヶ月以上経過してからがいいとされています。とはいえ、いつ感染したか不明なことも多いので、定期的に検査を受けることが推奨されています。

 

おすすめサイト HIV検査キット 通販

AIDSの治療について

HIVというウイルスに感染し発症するとエイズ(AIDS)となります。現在は治療法も確立されていますが、それでも完治はできません。ただし、感染してもAIDSの発症を抑えることは可能になっています。HIVに感染しても1年〜10年、人によってはそれ以上の長い潜伏期間があります。

 

参考になるサイト エイズ検査キット 通販

 

HIVに感染したからといってすぐに発症することは希ですが、AIDSにはエイズ指標疾患という症状があります。カンジタ症などの真菌症、原虫が原因となるトキソプラズマ脳症など、細菌が原因の化膿性細菌感染症など、ウイルス感染症やカポジ肉腫など23種類の疾患があります。それらの症状も個人差が大きく、感染してからの期間や、発症してからの期間によっても変わってきます。HIVの感染防止やAIDSにならないためにもHIV検査は定期的に行うといいでしょう。また、AIDSに関する正しい知識というのも持っておく必要があります。無知がHIV感染を引き起こすこともあります。

 

検査キットの情報サイト AIDS検査キット 通販